Discography

僕の来た道

試聴:

このサウンドを再生するには、QuickTimeが必要です。

公表年: 2012年 / 歌詞表示

アーティスト:
ASKA
作詞:
ASKA
作曲:
ASKA
編曲:
澤近泰輔
ライナーノーツ:
 一昨年に、東京厚生年金会館のアンコールで披露させていただきました(『ASKA 10DAYS SPECIAL グッバイ&サンキュー東京厚生年金会館 −ここにあなたの足跡を−』2010年2月開催)。まだ歌詞がない“ラララ”の状態でした。あのときの曲に歌詞がついたのが、この曲です。  堂々と生きていけるっていうのは、どういうことなんだろうと考えたことがあります。誰にもみんな知られたくないことのひとつやふたつはあるはず……。そして、それを隠していられるか、いられないか、なんだ……と思います。 “陰”と“陽”があってのバランスです。表情の表面と内面との違いも、ときにはあるでしょう。裏の顔がないのは素晴らしいことなのでしょうが、それではバランスが保てません。多くの人が、表向きの顔で日々生きています。そこで堂々としていられるのは、その人が“陰”の部分をうまく隠せていると思っての表情だから……とは一概に言えませんが、多少なりの影響はあるはずです。人はすでに子供の頃から“陰”と“陽”を使い分けていたのでしょう。  誰かに見られているなら、どうあってもハンサムな道を歩きたい。ある人にとっては、それを崩されたら“生きていけない”出来事だってあるはず。堂々とした顔を見せていくことを、“ハンサム”という言葉にしてみました。(ASKA) -2012年TUG OF C&A会報10月号より-

◆楽曲収録作品