Discography

SCRAMBLE

試聴:

このサウンドを再生するには、QuickTimeが必要です。

公表年: 2012年 / 歌詞表示

アーティスト:
ASKA
作詞:
ASKA
作曲:
ASKA
編曲:
ASKA/旭純
ライナーノーツ:
 僕の愛する昭和歌謡を意識した曲です。こういうサウンド感を目指して、ずいぶん早いうちに曲は出来上がっていたのですが、なかなか歌詞が完成せず、時間がかかってしまいました。  久しぶりに女性が歌う歌詞にしてみようと、女性目線の歌詞で進んでいたときもありましたが、どうしてもそこに自分が存在できなくて、今度は男性が歌う歌詞に戻したり、やっぱり女性にしてみたりと、何回も何回も書き直しました。その間、この曲から遠ざかっていた時期もありましたが、最後にきてようやく完成しました。  混沌とした世界観ですが、過ぎてしまえば景色は見えるという歌詞です。1行目の「まるでブレーカーが落ちたみたいに動けなくなった」は最初から決まっていて、この1行にこだわるあまり苦しみも増していきました。歌詞作りには“1行目まで”の距離というのがあって、1行目がなかなかできないときがあるんだけど、この曲に関しては、“1行目から”の距離でした。結果的に満足いくものに仕上がったと思っています。(ASKA) -2012年TUG OF C&A会報10月号より-

◆楽曲収録作品